会社に属さない生き方

自由に、マイペースに、自分らしく生きていきたい。

ブラック企業の見極め方②

②「労働条件通知書」は必ずもらう!!

 

 

企業に入社する時に絶対確認しておくべきなのが、

「労働条件通知書」です。

 

私は前職でこれをもらっていませんでした…

面接の時にすぐに採用が決まり、

社長が走り書きしたメモのようなものが手元にあるだけです。

 

 

私は入社する時にどのような書類が必要かわかっていませんでした。

 

だけど、

入社後っていろいろな書類の提出が求められるのに、

それが一切ないことに疑問は感じていました。

 

それで、

入社後に他の社員と話す機会があったので、

もらったか聞きました。

答えは…

「自分ももらってない」でした。

 

モヤモヤが残ったままでしたが、

面倒な書類を書かなくていいならと思って、

私はそのままにしてしまいました。

 

 

 

「労働条件通知書」は企業が勤務時間や給与などを

書面にして従業員に渡すものです。

 

これがないと、

言った・言わないが発生するので、

必ず書面にすることが企業には義務づけられています。

 

あくまでも「義務」なので、

法的な縛りがないのが現状のようです。

 

 

私は前職でイレギュラーな勤務形態で働いていました。

社長の一存で決まった勤務時間・給与だったので、

会社で決められた給与体系に当てはまらなかったのです。

 

 

 イレギュラーと言っても、

1日9時間勤務、週休2日

 

この会社の中では、

他の社員と比べて私は好待遇でした。

給料も、この会社でこの勤務時間では最高ランクのようでした。

 

(…正直、都内で働いていた時の初任給の方がもらっていましたけど)

 

 

それでも、

毎日残業に休日も仕事という環境で働いていた私は、

休みがしっかりとれて、

9時間勤務でも定時で帰れるならいいかと思っていました。

 

お金より休みがほしかったし、

求職期間が長くなってしまっていたので、

あまり気は進みませんでしたが、

働くことを決めたのです。

 

 

実際に働きはじめると、

多くのことを求められました。

 

店長ではないけど、

責任者としての役割を常に求められました。

 

給料は大したことなかったけど、

この会社の中では良いところからはじめられたので、

自分なりにそれに応えようとはしていました。

 

 

「会社のために働く」という気持ちはありませんでした。

この会社の中では、最高ランクからスタートしたので、

これ以上給料が増えないかもしれないと思っていたので…

 

 

自分のせいもありますけど、

結局は役職はないけれど、

店長並みかそれ以上の範囲の仕事をしていました。

 

 

待遇面について、上司に相談したこともあります。

だけど、

私は社長の一存で決まったイレギュラーな働き方なのでわからない、

といつも言われていました。

 

 

それから1年以上働いてわかったことですが…

 

・私は役職をもらうぐらいにならないと昇級がないこと。

・私には勤続年数に応じて給与がアップする制度が適用されないこと。

・有給日数が1年で消滅する仕組み。

がわかりました。

 

面接の時の流れで決まった働き方だったからか、

他の社員と比べると、

優遇できないと後からなったようなのです。

 

これを知って、

求められること以上を頑張ってきた私は、

これ以上やっても意味がないことがわかり、

退職を決意することになりました…

 

 

 

こんな経験から気づいたことは、

最初に勤務条件は絶対に確認した方がいいです!!

 

 

募集要項と実際が違ったということもあるので、

面接時に確認できることはした方がいいです。

そして、

採用が決まったら再度、書面で確認すること。

 

あとあと話と違うとなった時に、

書面で残っていることは大事です。

これは絶対もらわないと、

ブラック企業の場合本当に後悔すると思います。

 

もし同じようにもらえていない方は、

「労働条件通知書」をもらえるようにお願いしてください。