読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社に属さない生き方

自由に、マイペースに、自分らしく生きていきたい。

クラッシャー上司②

私を追いつめた2人目は、店長でした…

 

違う店舗で働いていた時は、

すぐにフィードバックもくれて、

理解しようとする姿勢が見えて、信頼していました。

 

去年の秋、

私の業務内容は変わり、配置換えがありました。

正式な異動ではなく、お試しのような形でした。

 

会社としても初めての試みで、はっきりしたことが決まらないまま、

引き継ぎもきちんとできないまま

私は会社にいながら、フリーランスのような状態になりました。

 

どこに所属しているのか、上司が誰なのか曖昧なまま、

次々お願いされる仕事をやっていきました。

 

私しかできない業務、

専門的なこと、

前いたお店の業務、

他のお店のフォロー、

全て並行して行いました。

 

こんな風に書くと、すごく仕事ができて、

抜擢されたみたいに見えますね…

 

確かに、

会社の中ではパソコンが得意な方で、

クリエイティブなことも他の社員よりはできました。

 

もともと、そういうことをメインでやりたかったので、

自分の望むことができるようになったのです。

 

 

だけど、他の人から見ると、

何をしているのかわからないし、

そんなにやることあるの?

って思うようでした。

 

実際1ヶ月にルーティンで行なっている仕事をスケジュールに書いてみると、

半分ぐらい空欄でした。

 

でも、ささいなことをお願いされたり、

急に急ぎの仕事を任されたりで。

実際は、

こまごましたことも行なって、

他のお店との移動を1日に何度もして、

分刻みで詰め詰めで仕事をして、

休憩時間も削って、残業もして…

そんな状況でした。

 

そんな状況を知って、フォローしてくれたのが今の店長でした。

 

 

会社のあちこちからお願いされて、

スケジュールが組めなくなっていた私との間を取り持とうとしてくれたのです。

 

すごく頼りにしていました。

 

定時に上がれるようになると言われていたのに、

毎日残業&持ち帰り仕事で、私はどうにもならなくなっていました。

終わりのない不安に押しつぶされそうでした。

 

私は何度かこの店長に相談しました。

最初は、会社内の調整に動いてくれました。

自分のスケジュールも細かく報告していました。

 

次第に、相談しても精神論しか返ってこなくなりました。

やらなければいけないことはわかっています。

でも、やれなくなっているのです。

…私の辛さをわかってくれることはありませんでした。

 

 

訴えても、訴えても、伝わらないもどかしさ…

 

自分でどうすることもできなくて、

SOSを何度も出したのに、結局理解してくれることはありませんでした。

 

残業時間も持ち帰り仕事も増える一方で、

何も変わることはありませんでした。

 

 

せめて、共感してくれたら…

現状が変わらなかったとしても、

「頑張っているね」の一言だけでもあれば、少しは救われたと思うんです。

 

私はこの繰り返しで、秋から年明けにかけて追い込まれていき、

病気になりました。

 

 

この店長自身も睡眠時間を削り、

無理をした結果、体を壊しました。

それでも、働き方を変えるつもりはないようです。

 

私は頑張った結果、体を壊した経験があるので、この店長の状況も少しはわかります。

でも、私にそう諭すなら、やって見せてくれないと説得力がない。

そう思ってしまうのです。

 

 

私は退職の意思を伝えました。

体調を崩してから、2ヶ月経ちます。

退職したいことを伝えてから、1ヶ月経ちます。

 

この店長ときちんと面と向かって話す時間をとれたのは、

私が体調を崩した次の日だけでした…

 

こころの病気って、

一見元気そうに見えるからかもしれません。

私が元気そうに振る舞ってしまうのもありますが、

やるせないです。