読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

会社に属さない生き方

自由に、マイペースに、自分らしく生きていきたい。

ブラック企業で働く④

小さな会社なので、やりたいことは割と自由にやらせてもらえる環境でした。

 

すぐに辞めるのも良くないし、人間関係でそこまで悩むこともない。

給料は低いけど、好きにやらせてもらえるし、

割り切って働くことにしました。

 

 

「誰かが必ず見ていてくれる」…なんてことは、

ドラマやマンガの世界だけで、現実にはないと思いました。

 

自主的に提案して仕事をやっても、

やらなくても評価は変わりませんでした。

提案したからといって、褒められることも、感謝されることもなく、

あるのはダメ出しだけでした。

 

 

…私は次第に、

だったら、頑張って何かをするよりも、

余計なことはせず、最低限のことだけをして定時に上がる方がいいと思うようになりました。

 

 

また、決定的なこともありました。

 

今の会社では、長く働けば働くほど、待遇されるところがありました。

1年ごとに給料が少しアップするシステムです。

これは社員だけでなく、パートやアルバイトもそうでした。

 

だけど、私は社員なのに他の社員と違って、

勤務時間は少なく、それなのに給料が優遇されているからこれには当てはまらないと言うのです。

給料が上がるためには、役職に就くしかないと言われました…

 

 

私は決して、時短勤務なわけではありません。

1日10時間勤務です。

そのうち休憩は1時間ありますが、

仕事がたまっていれば、休憩時間に仕事をすることだってあります。

定時に上がったことだって、1年で数回です。

残業することがほとんどでした。

 

この会社ではいろいろな勤務時間で働けるようになっていましたが、

14時間勤務の社員しか認められてないように感じました。

勤務時間数では、ほとんど変わらないのに納得がいきませんでした。

 

私は店長を任されていたわけではありませんでしたが、

店長と同等の仕事をしていました。

店長レベルのことを求められるのに、

役職のない、ただの社員なのです…

 

給料だって、最初の会社の初任給より少ないし、

勤務時間だって以前倒れた時並みに働いているのに…

 

この会社の中では、他の社員と比べて、

私は勤務時間も給料も優遇されているから、

他の社員の手前、これ以上はできないらしいのです。

 

 

頑張っても評価されない。

見ていてくれる人もいない。

労ってくれる人だっていない。

 

放任主義でお店のことは任せっぱなしなのに、

売上の良し悪しだけで、ダメだと一方的に決めつけられる。

この会社から学ぶこと、得られることはない。

 

だったら、

自分のやりたいことをやるだけやって経験値をつけて、

退職することを私は決意しました。