会社に属さない生き方

自由に、マイペースに、自分らしく生きていきたい。

適応障害になりました③

その日は、1日中情緒不安定でした。


悲しいことがあったわけでもなく、
何かが起こったわけでもなく、
普通にしているだけで涙が勝手に出てきました。
 
さすがにヤバイと思って、私は心療内科に行くことにしました。
以前にもかかったことがあったので、
心療内科に行くこと自体は苦ではありませんでした。
 
以前かかっていた先生にまた診てもらいたかったけど、
引っ越しをして少し距離があったので通いやすい、自宅近隣で病院を探しました。
 
 
通いやすくても、知り合いに会いそうな近所は嫌だなと思って、
少し離れたところにしました。
 
病院嫌いではないけれど、
初めての、しかも心療内科・精神科に行くのは、少しハードルがありました。
 
 
私が行った病院は、精神科専門のところで、
建物も大きく、上の階には入院している方もいるようでした。
 
待合室には座りきれないほど、
診察を待つ患者さんで溢れていました。
 
若い子からお年寄りまで。
 
私は、ちょっとホッとしました。
これだけの人が、精神的なことで悩んでいるんだ。
私だけが特別ではないんだ。
と、安心できました。
 
 
診察では、事前に行なったアンケートを元に、
今の症状・困っていること・1番治したいことなどを丁寧に聞いてくれました。
 
睡眠もごはんもわりととれていたので、
そこまで深刻ではないようでした。
 
気持ちも一晩経って少し落ち着いていたので、
うつを疑うほどひどくはないようでした。
 
ただ、涙が止まらなくなるというのは、ポイントだったようです。
 
 
 
先生から言われた病名は、「適応障害
…私は初めて聞く病気でした。
まず、労働環境を見直すことを勧められました。
 
 
診察を終えて、私は病気のことを調べてみました。
当てはまる症状がたくさんありました。
 
めまい、ふらつき、頭痛、吐き気、熱っぽい、だるい、抑うつ、不安、イライラ、涙もろい。
 
私はこんな感じでしたが、現れる症状・原因も人それぞれ。
結婚や転職など、環境が変わると起きやすいようです。
 
 
特徴は、原因となるストレスから離れると、普段通りにできること。
好きなことは楽しめること。
そこがうつ病との大きな違いみたいです。
 
私の場合は、仕事が休みでも好きなことがあまり楽しめないところまで来ていました。
でも、ここで病気に気づけて良かったと思っています。
 
これ以上頑張り続けていたら、うつ病になっていたかもしれません。
1度うつになってしまったら、元の生活に戻すのはすごくつらく苦しかっただろうと思います。
 
 
病院に来ることができて、
同じように精神的なことで悩む人がたくさんいることを知って、
病名がはっきりして、
私は楽になりました。
 
何より、
適応障害」の病気は、
適応しようと頑張ったけど、適応できなかった結果なってしまったので、決して甘えではない。
という言葉をネットで見かけて、心が軽くなりました。
 
周りからは頑張りを認めてもらえなかったけど、
私は頑張ったんだ!やるだけやったけどダメだったんだ!
と、ホッとすることができました。
 
 
 
 
 
 
 

適応障害になりました②

昨年末には、私は精神的にも体力的にも限界にきていました。

休みの日はどこにも出かける気力がわかず、

体もだるいし、1日寝て過ごす日が増えていきました。

 

まだ、休みがあるおかげで、少し回復することができていたのです。

 

でも…

平日に進められなかった仕事。

予定より遅れてしまった仕事。

上司から休みの日にお願いされる唐突な仕事。

それに取りかからなくちゃ、と休みの日も仕事のことが常に頭にありました。

 

オン・オフが切り替えられる人だったら、うまくやれるんでしょうけど、

私はそれがうまく出来ませんでした。

気持ちも追いつめられていたので、

とにかく、「やらなくちゃ」「終わらせなくちゃ」ばかりが頭にありました。

 

そんな生活が続いていくと、

頭ではわかっていても、体がついてこなくなるんですよね…

 

 

やらなければいけないことは十分わかっているし、

進めておかないと来週もっと忙しくなることは想像できるのに。

体が拒否してしまって、取りかかることすらできなくなりました。

それがまた自己嫌悪になって、自分を追いつめていきました。

 

休み明けの月曜日。

まだ1日目。

これから金曜日まで仕事があるのに、たった1日でクタクタでした…

 

仕事前、仕事帰り、休憩時間、トイレ…

1人になると、仕事が終わらないことがただただ不安で、

終わりが見えなくて、

どこまでもこれが永遠に続いていくようで…

途方もない不安に駆られました。

 

とにかく泣けてくるんです。

帰りの車の中なんて、

家に帰るまでの30分、ひたすら号泣しながら帰る日も多くなっていました。

 

私のやっている仕事内容・仕事量・スケジュール。

社内で把握している人は誰もいませんでした。

上司すらも。

仕事内容やポジションが少し変わったのもありますが、

会社にいるのに、フリーで仕事しているみたいな。

 

よく言えば聞こえがいいですが、

浮いた、どこにも属していない、誰が上司なのかも曖昧で、誰に相談していいかもわからない。

そんな働き方がさらに不安にでした。

 

 

体も心も疲れきってしまって、

家に帰ると横にならないといられないぐらい、ふらつきやめまいも酷くなりました。

化粧したまま、電気をつけたまま、朝を迎えるのもしょっちゅうになりました。

 

 

…追いつめられていました。

 

今までは、こちらの状況を伝えつつも、

相手に合わせたスケジュール・締切に合わせて仕事を進めていました。

 

もう、仕事をお願いされても対応できないぐらい仕事が溢れてしまっていました。

これ以上引き受けていたら、迷惑をかけてしまう。

そう思いました。

 

 

そんな時、新しい仕事をお願いしてきた上司がいました。

思い切って、こちらの現在の状況を伝えて、

少し時間がほしいことを伝えました

 

すると…

「忙しいのはみんな同じ。

    自分だけが忙しいわけではない。

    どうしたらできるか自分で考えなさい」

少し要約しましたが、こんなメールが返ってきました。

 

言いたいことはよくわかります。

そういう風に指導しなければいけない上司の立場もわかっています。

 

でも、私にはそれを受け止められる余裕が残っていませんでした。

このメールを受け取った直後から、涙が止まらなくなってしまいました。

気持ちを切り替えようとしてもこのメールの文章が頭から離れなくて、

涙が次々出てきて、自分でコントロールできなくなってしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

適応障害になりました①

先月、私は仕事で追い込まれた結果、

適応障害」という心の病気になりました。

 

先月というのは、本当に体が限界にきてしまった時期で、

正確に言うと、昨年の秋から不調ははじまっていました。

 

 

私はもともと、疲れるとめまいが起きます。

以前の職場では、激務で軽いうつになったこともありました。

 

こういうことは、仕事が忙しくなると割とよくあることなので、

いつものことだな、疲れているんだなと、

不調が出てきたら休むようにしてました。

 

 

でも、段々と

忙しい時期の終わりが見えなくなりました…

 

今週頑張れば、来週は楽になるはず!

この仕事が終われば、もう少し時間が作れるはず!

スケジュールに落とし込んで、いつまでに何をやればいいか確認して、進めていました。

その通りになるように前倒しで進めていました。

 

 

私はいわゆる、「断れない人」でした。

 

今になって思えば、私は周りが困っていると助けてあげたくなってしまって、

お願いされていない仕事も進んで引き受けていました。

その結果、さらに追加で、

「頼みやすい人」「都合良く動いてくれる人」になってました。

 

仕事量は減るどころか、どんどん増えていき、

残業時間が長くなる→家に持ち帰って徹夜→休日も家で仕事と悪化していきました。

 

 

…実は、昨年秋からこのようになったのは、

自分の任される仕事内容が変わったからです。

初めてやることばかりでした。

自分が希望していたことを任せてもらえたので、頑張ってみようと前向きな気持ちでした。

 

 

私は、忙しくなるとめまいが起きることは上司に話していました。

このぐらい働くと、体調不良になるという限度もわかっていたので、伝えていました。

 

上司からは、仕事内容は変わるけど、

定時に帰れるようになるし、体力的にも楽になる、

私の望んできたことができると説明されました。

 

だけど、

仕事を進めても進めても常に忙しい状態。

仕事の切れ目なんて見えてこなくて…

そろそろ終わりが見えてきたという頃に、

いつも社長から「急な」「急ぎ」の仕事を頼まれるのです。

 

その繰り返しでした。

 

それから…

もう自分ではどうにもできないところまできてしまって、

上司に相談しました。

 

何度も何度も相談しました。

 

返ってきた言葉は、「やるしかない」でした。

 

 

 

 

 

ブログをはじめたきっかけ

私は今まで、ブログを書くことに苦手意識がありました。

 

自分の考えていることを文章にすること、

それを公開することって、

心の中をのぞかれているみたいで、なんだか恥ずかしいと思ってました。

 

趣味や好きなことを日記で書いていたこともあります。

同じようなことに興味を持っている人と繋がれたら、

世界が広がって楽しそうって思ってはじめたんです。

 

でも、いろんな人に読んでほしいと思って、

知り合いの人にこんなこと書いてます!

見てください!ってお知らせしたら、

気楽にやろうと思っていたものが、急に堅苦しくなっちゃったんです。

 

もともと、自分のことをあまり話すタイプではないんです…

 

こんなこと書いたらどう思われるかな?

反応してくれる人いるかな?

 

いつの間にか、そんな風に気にしながら書くようになっていました。

 

そんなことに疲れてしまって、段々と遠ざかってしまっていました…

 

 

そんな私が、今回またブログをはじめようと思ったきっかけ。

 

それは…仕事で疲れきってしまったからです。

 

めいいっぱい走りづづけたら、心の病気になっていました。

私の働く職場は、いわゆるブラック企業なのかもしれません。

 

「なのかも」と曖昧な言い方をするのは、

働く人たちの中には素敵な人が多いからです。

 

長時間労働・低賃金、とにかく頑張る。

そういった部分に、私は疲れてしまったのです。

 

もがいても、もがいても、

何が正解かわかりません。

病気だからなのか?

甘えているからなのか?

 

苦しくて、苦しくて、

同じような病気の人はどうだったのか、

どう克服したのか、

調べました。

 

まだ、私は治療の途中ですが、

同じような病気の人と分かり合える部分があるかもしれない。

周りに私と同じ病気になった人がいて、どう対応したらよいかわからない。

 

そういう方の少しでも力になれたら…

そう思いました。

 

それが、私がまたブログをはじめてみようと思ったきっかけです。

 

これから少しずつ、

そういったことを書いていけたら、と思っています。

 

よろしくお願いします!